アドセンスの申請手順と申請時のConoHaサーバーでのエラー対応

投稿数が20を越えたので、難関と言われるグーグルアドセンスの申請に挑戦してみました。

申請する時にWordPressテーマごとに違う部分もあり、一般的な手順やTHE THOR、Cocoonについての手順もご紹介しています。

申請の方法と申請するときにトラブルが発生しましたので、その対応策もあわせてご紹介します。

アドセンスの申請

さっそくアドセンスの申請を始めましょう。もし、グーグルアカウントをお持ちでなかったら、申請の前に取得して置いてください。

申請画面に行ったら、画面右上にあるご利用開始ボタンをクリックしてください。

URLとメールアドレス

このような画面が出てきます。

アドセンス審査の申請に出すサイトのURLを入力します。

つぎにGメールのアドレスを入れてください。

最後に「アドセンスの有益な情報をメールで受け取るかどうか」聞かれます。どちらでも良いと聞きますが、人情を考えると受け取るにチェックしたほうが良いと思います。

また、本当に有益な情報をいただけるならなおさらですね。

保存してつぎへをクリックしてください。

ご利用規約の確認

「国または地域を選択」で、日本を選択してください。

ご利用規約を確認の上、「同意」にチェックします。

アカウントを作成をクリックしてください。

支払先住所の詳細

住所を入力します。

送信をクリックします。

電話番号と認証方法

電話番号を+81から入力します。市外局番は0を外します。

電話番号が「03-111-1111」なら「+81-3-111-1111」と入力してください。

認証方法がSMS(テキスト文字)か電話認証(音声)かを選択します。

電話認証の場合、英語で掛かってきます(会話はありません)。最初にちょっとした説明があり、6桁の認証コードを2回繰り返すだけです。
SMSの方が確実かもしれません。

電話コードを取得をクリックします。

確認コード

SMSまたは電話で取得した6桁の確認コードを入力します。

これで本人認証が完了します。

サイトをアドセンスにリンク

コード(script)が表示されています。このコードをコピーしてください。

コピーしたコードをhtmlの<head>~</head>の間に貼り付ける必要があります。

wordpressのテーマによって埋め込む方法が変わってきます。

cocoonのように親と子のテーマを持ち、子テーマを使用しているようなケースでは一般的な方法と異なります。

一般的なテーマの場合

(1)WordPressメニューの外観メニューの中から、テーマエディターを選択します。

(2)テーマの編集画面の右側にある「テーマファイル」の中から、テーマヘッダー(header.php)を選択してください。

はじめてテーマ編集をする場合、注意画面が出ますが、理解しましたをクリックしてください。

(3)コピーしたコードを<head>~</head>の間に貼り付けて保存します。<head>が見つけにくいようでしたらCtrl+Fで検索してください。

(4)「サイトにコードを貼り付けました」にチェックし完了をクリックします。

Cocoonがテーマの場合

(1)WordPressメニューの「Cocoon設定」を選択し、「アクセス解析・認証」タグをクリックします。

(2)コピーしたコードを「ヘッド用コード」に貼り付けます。変更をまとめて保存をクリックします。

(3)「サイトにコードを貼り付けました」にチェックし完了をクリックします。

THE THOR(ザ・トール)がテーマの場合

(1)WordPressメニューの「外観」、「カスタマイズ」を選択します。そうするとTHORメニューが表示されます。

THORメニューの「基本設定」、「高度な設定」を選択します。

 

(2)コピーしたコードを「☐<head>直上の自由入力エリア」に貼り付けます。「公開済み」をクリックします。

(3)「サイトにコードを貼り付けました」にチェックし完了をクリックします。

問題がなければ「コードが見つかりました」という画面が表示されます。

これで申請は完了です。後は結果を待ちましょう。

コードの貼り付けでエラーになる場合の対応

コードを貼り付け保存しようとすると、

以下のような「閲覧できません(Forbidden access)」というエラーになることがあります。

これはサーバー(ConoHaの例)側のセキュリティソフトであるWAF(Web Application Firewall)が、アドセンスの審査用コードを攻撃と判断してアクセスを拒否した結果おきたものです。

エラーを解消するため、サーバーの設定を変更します。

サーバーのサイト管理、サイトセキュリティのメニューを選び、WAFのタグをクリックします。

ここでエラーになった時間を確認し、該当するライン(おそらく一番上)にある除外をクリックしてください。

「攻撃を除外しますか?」という画面がでますので、はいをクリックしてください。

除外除外解除に変わります。一つだけでよいです。同じものは同時に変わります。

もう一度アドセンスのコードを貼り付けて保存してください。

これでうまくいくと思いますが、もしいかなかったら除外したものが違うと思います。除外解除にしたものを元に戻し、該当すると思われるものを除外して再度やってみてください。

コメント

  1. 今更ながらアドセンス申請しようと思い、読みました。参考になりました。

タイトルとURLをコピーしました